欅坂46は改名ではなく解散する予定だった?

元記事→(文春オンライン

週刊文春の報道ですので真偽のほどはわかりませんが、過去に元メンバーの鈴本美愉のマルタ共和国への留学を報道していたこともありますので(これは事実でした)一概に嘘だとは言えない状況です。

もちろん、ひとつ正しかったからと言って全部正しいと信じ込んでしまうのはとても危険で愚かだと思いますので、僕自身も100%信じているわけではありません、ただなくもない気がするとは思いますね。

・『問題となっているのは1期生ばかりでウチの子にまったく関係ない。解散なんて納得できない』

と新2期生の親御さんたちが猛抗議したことに対して欅坂46のファンが

・1期生にも頑張っている人はいるのに

・別にそんな言い方しなくていいのに

みたいなこと言っていましたが、問題を起こしているのは現在で1期生のみですし、1期生全員が問題を起こしているとは言っていないので、これは100%正しい抗議(意見)と言えると思います。

1期生が問題を起こしていたのは紛れもない事実です。

本当に秋元康が、加入してすぐの新2期生がいるのにもかかわらず、「解散しよう」と匙を投げていたのであれば、批判が集まるのも当然ですよね、親御さんたちが怒るのも当たり前です。

結果的には解散ではなく、櫻坂46に改名することになったということで、色々な噂や報道こそありますが、今も頑張っているメンバーがいることはファンも当然分かっていますし、これ以上ファンが離れていかないうちに欅坂46及び櫻坂46の活躍をファンに見せてほしいなと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。