[PS5]PlayStation5の2つのバージョンの違いとは

PlayStation5はデジタル・エディションとディスクドライブを備えたモデルが発売されます。

デジタル・エディションが39,980円+税、ディスクドライブを備えたモデルが49,980円+税。

こちら2つのモデルの違いは、ディスクを読み込めるか読み込めないかということ「だけ」です。

つまり、デジタル・エディションはダウンロード版しかプレイできないし、PS4のディスクを読み込むことはできないということになります、PlayStation5でBlu-ray映画やライブ映像を見たいという方も、デジタル・エディションの場合はそれが出来ないので注意が必要ですね。

PlayStation5 デジタル・エディションはディスクの読み込みができない!!

どっちのモデルが人気なのか

圧倒的にスタンダードモデルが人気です

ちなみに私もスタンダードをオススメします。

理由:

・ダウンロード版ならお店で売ることができないが、ディスクなら売れる→1万円(本体の差額分)ぐらいならある程度ゲームをやる人ならゲームを売ることで余裕で回収できる

・Blu-rayのプレイヤーとしても使えるという点から、Blu-rayプレイヤーが家にない方は、「4KでBlu-rayも見れるゲーム機」と考えれば、50000円はかなりお得。(ちなみにBlu-rayプレイヤーの相場は2~4万円です)

これらを考えるとスタンダードモデル1択なのかなと個人的に思います

まとめ

PlayStation5をいつ買えるようになるかはわかりませんが、いろいろ妄想を膨らませながら買えるようになる日を待ちましょう。

何度も言いますが、スタンダードモデルがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。