前半戦首位で折り返し!川崎フロンターレの強さの秘密とは・・・

試合数17試合

勝14 分2 負1

得点52(トップ) 

失点16

得失点差36

勝ち点44(首位)

僕は7年ほど川崎フロンターレのファンなのですが、こんなに強い川崎は初めて見ましたし、毎試合負ける気がしないですね。

さまざまなメディアで「川崎の強さの秘密」について特集がされていたりします

どの記事を読んでも納得はしますし、なるほどとは思うのですが、僕が思う「今年の川崎が強い理由」は違います。

僕が思う川崎の強さの理由は

夏にシーズンがスタートした

からだと思います。

夏にシーズンがスタートしたと言うと少し間違っているのですが、今年はコロナウイルスの影響でリーグの中断があり、再開されたのが7月だったのでここではそう言わせてもらいます。

川崎フロンターレは「スロースターター」だとかねてから言われており、夏あたりから調子を上げてくるような印象があります、なので、それが今年はうまくハマったんじゃないかなと思います。

リーグ開幕前のルヴァンカップこそ5-1で勝利しましたが、2月に開催されたJ1リーグ第1節では0-0で引き分けていますし、例年通りリーグが開催されていればここまでの圧倒的な成績を残せていなかったのではないかなと思います、おそらく2位3位4位あたりなのではないでしょうか?

今年の川崎は4-3-3という新システムを導入したのですが、リーグ中断中にこのシステムを成熟させることができたのもプラスになったと思います。

以上が「川崎の強さの秘密」だと僕は考えます。

つまり、リーグの中断がプラスに働いたということですね、少なからず影響はしているはずです。

・・・

にしても強すぎるけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。