[ネタバレなし]日向坂46の映画「3年目のデビュー」を見た正直な感想

この記事を書いている人は「日向坂46になってからのファン」です、そして決して僕は日向坂46のアンチではないですし、むしろ大ファンなので、これを読んでくれている日向坂46のファンの方には最初にそれを理解しておいて欲しいです。お願いします。

質の低い映画だった

まず、内容は一旦置いておいて、映画自体の質に関してですが、僕としては非常に低いと思いました。

ドキュメンタリーなので、仕方ない部分もあるかとは思いますが、そもそも映画館で上映するほどのクオリティに達してはいなかった、テレビで流すレベルのクオリティだと思いました、テレビで流れていても全く違和感がないですね、質素でした。2回目にはなりますが、ドキュメンタリーということも影響している思います、だから仕方ないことかなとは思っています。

他にも過去のインタビューの垂れ流し、何回も聞いたような話の繰り返し、こういうのがとても目立っていました。

本当に「けやき坂46」は不遇だったのか?

・欅坂46とけやき坂46の合同握手会で欅坂46の方にはたくさん人が並んでいるのに、けやき坂46の方は同じ人が何回もループしているような状況(人が並んでいない状況)

・知名度が低くテレビの出演などもできない、単独のCDも出させてもらえなかった。

他にも「けやき坂46」にはたくさんの不遇エピソードがありますよね。

今の日向坂ファンもこの「不遇」という言い方をよく使う印象がありますが、そもそも「不遇」だったのでしょうか?

・初のワンマンライブの場所が「Zepp Tokyo」

・欅坂46の代役?とはいえ武道館3Days公演を行っている。

・欅坂46のシングルに必ず一曲はけやき坂46の歌が入っている。

僕としては十分な機会を与えてもらえていると思いますし、今の日向坂46の人気の爆発もけやき坂時代に経験を積んでいた賜物でしょう。

特に

・初のワンマンライブの場所が「Zepp Tokyo」

これをさせてもらえるアイドルが不遇だなんて「笑わせるな」と言いたいです。

不遇だった彼女たちが・・・みたいな売り出し方

日向坂の運営?というか秋元康さんの方針かもしれませんが日向坂46はこういう売り文句でテレビに出ているときがありますし、この成り上がり的な売れ方に感銘を受けてファンになっている人もいますね。本当にそういうファンは運営としてはやりやすい限りでしょう。

さっきも言った通りしっかりと経歴をみればどう考えても不遇だったとは言えないと思います。

不遇だったというより、

単純に人気がなかった

これが正しいのではないでしょうか?

これを読んでいただいてる方に共感してもらえるかはわかりませんが、少なくとも僕はそう思っているので、この映画の中でも「けやき坂46は不遇だった!」「その悔しさをバネに今頑張っている!」という運営の意図を感じてしまって素直に楽しめなかったです。

色々言ったが絶対にファンは見るべき

日向坂46になってからのファンの方が絶対に多いと思いますので、けやき坂46時代のことを知るためにも絶対に見ておくべき映画だと思います。

この映画を見て感じることは人それぞれだと思いますし、もしかしたら僕のような感情を抱いてしまう方もいるかもしれません、それでも絶対にこの映画は見ておくべきです。

特にキャプテンの「佐々木久美」の凄さをとても感じると思いますし、改めて彼女のことを好きになると思います。

もう卒業してしまった

・長濱ねる

・柿崎芽実

・井口眞緒

彼女たちの存在の大きさも感じました、本当に戻ってきてほしいですね。

本当に全メンバー良い子たちでメンバーの仲の良さが伝わってきます。

まとめ

・ファンは絶対見るべき映画

・映画クオリティではなく、テレビクオリティの映画

・少し映画の構成というか「けやき坂46というグループの表し方」に疑問がある。

以上です!ここまで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。