日向坂46の「アザトカワイイ」のMVの最後で佐々木美玲は何と言っているのか

2020年9月23日(水)に日向坂46の 1stアルバム『ひなたざか』が発売されることが決定し、そのリード曲である「アザトカワイイ」のミュージックビデオが公開されました。

このミュージックビデオの最後に、この曲のセンターを務めた「佐々木美玲」が映るシーンがあり、何か喋っているのですが、そのシーンだけ無音になっており、何と言っているのか分からず、このMVを見たファンの間で「これは何て言っているんだ」と話題になっていました。

今回はこの話題についてコメント欄や、Twitterなどを見ながら「何と言っているのか」を考察していきたいなと思っています。

確信的なものは一切なく、どちらかというと「ファンの意見を集めたもの」になっていますので、あらかじめそれを理解したうえでご覧ください。

考察

候補一覧

・気になりました

・好きになりました

・つられました

・ありがとうございました

色々探した結果、このあたりが候補です。

個人的には喋っている長さ的に「ありがとうございました」はないんじゃないかなと思うので、候補は

・気になりました

・つられました

・好きになりました

この3つに絞られると思います。

語尾が「ました」であることは確実だとは思うのですが、何回見ても最初の口が「イ行」の口に見えるんですよね。

最初の文字を発言するときに口角が少し上がっているので、1文字目と2文字目に「イ行」がない「つられました」は違うような気がしています。

なので残るは

・気になりました

・好きになりました

この2つです。

歌詞を見る限りどちらでもありえるなと思うので、残る判断基準は「文字数」なのですが、口の動きだけを見ると「7文字」っぽいんですよね。

正直「好きになりました」の「す」の口動きなんてあってないようなものの気もするので文字数で判断するのは難しいのですが、僕としては「7文字」であると判断しました。

つまり!

結論

「気になりました」と言っている。

まとめ

このページを書いている人(僕)は佐々木美玲推しなので「トーク」もしっかりと読んでいますが、そこでもこのシーンについての言及はありません。もしかしたら誰かが「レター」で質問してくれているかもしれませんが、スタッフのチェックとかも入ると思うのでそのレターを読んでくれるまでにはまだ時間がかかるでしょうね。

のちのちこのシーンについて明かされる日が来るかもしれないので、その日を待つのみですが、ぜひとも今回の考察が当たっていることを期待しています。(期待していない自分)

ちなみに

「噛みました」でもギリギリいける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。